カテゴリー
TOP生活家電»温水洗浄便座»トートー(リテール向け最新)

ウォシュレット(量販店向け)品番,機能の違いを徹底解明!

TOTOのウォシュレットを購入する時に
色々と調べたんですが、
とてもややこしかったので
自分なりにまとめてみました!

品番が多すぎるんですよね~(^^;

長文ですので、急がれる方は
最後の「2021年最新モデル」だけを
見ていただければと思います(^^)

リテール向けとは?

便座に取り付けるタイプのウォシュレットは、
・ウォシュレット アプリコット
(瞬間式/リモコン型)
・ウォシュレット S
(貯湯式/リモコン型)
・ウォシュレット SB
(貯湯式/操作部一体型)
の3モデルがありますが、これとは別に
リテール向けのモデルがあります。

リテール向けとは
家電量販店やホームセンター向けのことで、
主な特徴として
・自分で取り付けが可能
・機能が一部少ない
・本体色の種類が少ない
などが挙げられますが、
最大の利点は何と言っても
値段が安いことです(^^)

ネット通販でも、
価格が高めのアプリコット等よりも
リテール向けの方が人気が高いと思います。

私が購入したのもリテール向け(^^)
なので、ここからはリテール向けについてです。

※リテール向けのTOTO公式サイトはこちら
ウォシュレット(リテール向け)

旧モデル一覧

私が調べた限り、
リテール向けが登場したのは2007年で、
以下のように発売されていきます。
※左側がシリーズ名、右側が品番
※品番下3桁の数字が大きい方が上位モデル

2007年
KNシリーズ TCF755,TCF735,TCF725
KVシリーズ TCF465,TCF425
2008年
KNシリーズ TCF756,TCF736,TCF726
KVシリーズ TCF466,TCF426
KSシリーズ TCF386,TCF376,TCF356
Kシリーズ TCF325,TCF315,TCF305
2009年
KNシリーズ TCF757,TCF737,TCF727
KVシリーズ TCF446,TCF436
2010年
KNシリーズ TCF758,TCF738,TCF728
Kシリーズ TCF326,TCF316,TCF306
2012年
KFシリーズ TCF825,TCF815
KMシリーズ TCF732,TCF722,TCF712,TCF702
Kシリーズ TCF327,TCF317,TCF307

2012年のKF/KM/Kの各シリーズが
現行モデルの元となります。

そして、2015年のモデルチェンジで
品番が販売ルートごとに分かれ、
一気に数が増えます。
ややこしくなった原因ですね(^^;
2012年モデルと2015年モデルは
以下のように対応しています。

タイプ 2012年 2015年
KF2 TCF825 TCF8CF65,TCF8FF54,TCF8PF32
KF1 TCF815 TCF8CF55,TCF8FF44,TCF8PF22
KM3 TCF732 TCF8CM85,TCF8FM74,
TCF8HM63,TCF8PM52
KM2 TCF722 TCF8CM85,TCF8FM74,
TCF8HM63,TCF8PM52
KM1 TCF712 TCF8CM65,TCF8FM54,
TCF8HM43,TCF8PM32
KM0 TCF702 TCF8CM55,TCF8FM44,
TCF8HM33,TCF8PM22
K3 TCF327 TCF8CK75,TCF8FK64,
TCF8HK53,TCF8PK42
K2 TCF317 TCF8CK65,TCF8FK54,
TCF8HK43,TCF8PK32
K1 TCF307 TCF8CK55,TCF8FK44,
TCF8HK33,TCF8PK22

2017年秋、KFシリーズとKMシリーズが、
2018年秋、Kシリーズがモデルチェンジ。
さらに、TOTO公式サイトには
掲載されませんでしたが、KSシリーズが
量販店などで新たに発売。
これらのモデルが2021年1月までは
最新モデルでした。以下にまとめます。

タイプ 品番・価格/機能
KF TCF8CF66,TCF8FF55,TCF8GF33
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+お掃除しやすい表示部
+フチなしウォシュレット
+温風乾燥
KM3 TCF8CM86,TCF8FM75,TCF8GM53
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+つぎ目のない便座
+瞬間暖房便座
-おまかせ節電
KM2 TCF8CM76,TCF8FM65,TCF8GM43
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+オート開閉
+リモコン便座・便ふた開閉
-便座・便ふたソフト閉止
KM1 TCF8CM66,TCF8FM55,TCF8GM33
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+ノズルきれい
+ダブル保温便座
KM0 TCF8CM56,TCF8FM45,TCF8GM23
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+クリーンケース
+プレミスト
+スーパーおまかせ節電
KS TCF8CS66,TCF8FS55,TCF8GS33
価格情報はこちら
瞬間式・リモコン型
K TCF8CK66,TCF8FK55,TCF8GK33
価格情報はこちら
貯湯式・操作部一体型

※KFとKMは2017年、KSとKは2018年モデル

2017,2018年モデルと
2015年モデルの違いは以下の通りです。

●シリーズの変化
KFシリーズがこれまでの2種類から
最上位の1種類のみとなり、
Kシリーズがこれまでの3種類から
中位の1種類のみになる
また、KSシリーズが新登場

●品番の変化
・5桁目…H→廃止/P→Gに変更
・8桁目…数字→+1

●新機能
・お掃除しやすい表示部…KFのみ
(本体の表示部が透過式になり掃除がしやすい)
・つぎ目のない便座…KF,KM3のみ
(便座のつぎ目がなくなり掃除がしやすい)
・クリーンケース…KF,KM3~0のみ
(ウォシュレット本体にもクリーン樹脂が採用)

2021年最新モデル

2021年2月1日、ウォシュレットSとSBの
フルモデルチェンジに伴い、
リテール向けもモデルチェンジ。
次の4タイプが発売されました。

・KWシリーズ(2種類)
・KMシリーズ(4種類)
・KSシリーズ(1種類)
・Kシリーズ(1種類)

最上位機種がKF1種類からKW2種類に変更され、
また、KSが正式にラインナップされています。
以下にまとめます。

タイプ 品番・価格/機能
KW2 TCF8WW88
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+瞬間暖房便座
-おまかせ節電
KW1 TCF8WW78
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+便器きれい
+お掃除しやすい表示部
+フチなしウォシュレット
+おまかせ節電
-瞬間暖房便座
KM3 TCF8CM87,TCF8FM76,TCF8GM54
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+瞬間暖房便座
-おまかせ節電
KM2 TCF8CM77,TCF8FM66,TCF8GM44
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+オート開閉
+リモコン便座・便ふた開閉
-便座・便ふたソフト閉止
KM1 TCF8CM67,TCF8FM56,TCF8GM34
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+手動ノズルきれい
+ノズルきれい
+ダブル保温便座
KM0 TCF8CM57,TCF8FM46,TCF8GM24
価格情報はこちら
 下位モデルの機能
+つぎ目のない便座
+クリーンケース
+プレミスト
+スーパーおまかせ節電
KS TCF8CS67,TCF8FS56,TCF8GS34
価格情報はこちら
瞬間式・リモコン型
K TCF8CK67,TCF8FK56,TCF8GK34
価格情報はこちら
貯湯式・操作部一体型

2021年モデルの主な特徴です。

●新機能

・便器きれい(KW2,1)
トイレ使用後と8時間使用しない時に
きれい除菌水を自動で便器にふきかける

・手動ノズルきれい(KW2,1、KM3,2,1)
ノズルきれいボタンを押すと
きれい除菌水でノズルを除菌

・つぎ目のない便座
KFとKM3のみ→KWとKM全タイプに搭載

●品番

1-4桁目 「TCF8」で固定
5桁目 販売ルート(KW以外)
C:Amazon,ビックカメラ etc
F:ジョーシン,ケーズデンキ etc
G:ヤマダ電機 etc
(KWは「W」で固定)
6桁目 シリーズ名
W:KWシリーズ
M:KMシリーズ
S:KSシリーズ
K:Kシリーズ
7-8桁目 グレード
同じ販売ルートであれば
数字が大きいほど上位機種
9-12桁目 本体カラー
#NW1:ホワイト
#SC1:パステルアイボリー
#SR2:パステルピンク

●販売ルート(品番5桁目)による機能の違い
KWは品番が販売ルートごとに分かれておらず、
同タイプの品番は1種類のみです。
KM,KS,Kは同タイプに複数の品番があり、
販売ルートによって
洗浄機能に以下のような違いがあります。
C…「洗浄位置調節」機能搭載
F…「マッサージ洗浄」機能搭載
G…「やわらか洗浄」機能搭載
上記以外の機能は同等です。
KWには上記3機能が全て搭載されています。

●本体カラー
・KW,KM,K…3色(#NW1,#SC1,#SR2)
・KS…2色(#NW1,#SC1)

●省エネ達成率(2012年度基準)
・KW2…204%
・KW1…148%
・KM3…204%
・KM2…150%
・KM1…150%
・KM0…120%
・KS…118%
・K…112%

以上になります。
長文を読んで下さり、ありがとうございました!
参考にして頂ければ幸いです。

ちなみに、
我が家で今使っているウォシュレットは
2015年モデルの「TCF8FK54#SC1」ですけど、
2015年8月に購入して以降、
2021年の今でも一度も故障することなく
毎日快適に動いております(^^)

ご質問、疑問点等ございましたら、
お気軽に下欄までコメントして下さい!

「ウォシュレット(量販店向け)品番,機能の違いを徹底解明!」への118件の返信

コメントありがとうございます。
コーナンのチラシでTCF8KM68を見ました。
チラシを見る限り、リモコンに
手動の「ノズルきれい」ボタンがあるので
2021年モデルのようですね。
TCF8KM67の後継機種だと思います。
ということは、
TCF8KM68はTCF8KM67と比較して
・手動ノズルきれい
・つぎ目のない便座
が追加されたモデルになると思います。

ありがとうございます。
TCF8CM67の購入を考えていたのですが、コーナンモデルにはやわらか洗浄がプラスされてるという事ですよね。
ちなみに洗浄位置調節は、KM68とCM67のどちらにも付いてますか?

コーナンのチラシでは、
TCF8KM68のリモコンに
やわらか洗浄も洗浄位置調節もあります。
ですので、TCF8CM67にやわらか洗浄が
プラスされたモデルがTCF8KM68で、
どちらにも洗浄位置調節は付いていると
いうことになると思います。

こんにちは。リテール向けが、いろいろ機能や種類があって、混乱しているので、教えて頂けたら、助かります。
TOTOのキレイ除菌水や基本的なウォシュレット機能はもちろん大事ですが、オート洗浄、オート開閉があるのがいいなと思ってます。
TCF8CM76とTCF8DM67この2つはオート開閉、オート洗浄でしょうか。また、すごく違うところはありますか?

また、TCF8GF33についてもオート開閉、オート洗浄ですか。

コメントありがとうございます。
オート洗浄はリテール向けには
搭載されていません。
オート開閉はKWとKMの上位機種に
搭載されていて、TCF8CM76、
TCF8DM67、TCF8GF33の3機種は
全てオート開閉が搭載されています。
TCF8CM76とTCF8DM67の違いは、
TCF8CM76にのみある機能
・洗浄位置調節
TCF8DM67にのみある機能
・マッサージ洗浄
・やわらか洗浄
となります。

コメントありがとうございます。
TCF8CM67とTCF8GM34は同タイプですが、
販売ルートが異なるので
品番が分かれています。
基本的には同等品ですが
機能に一部違いがあり、
TCF8CM67にのみある機能
・洗浄位置調節
TCF8GM34にのみある機能
・やわらか洗浄
となります。上記以外の機能は同等です。

コーナンモデルのTCF8KM67と、今年2月発売になったTCF8CM67の違いは何でしょうか?
コーナンモデルの方が¥17800安い+2連紙巻器がついているので、同等品ならばコーナンモデルを購入予定です。

コメントありがとうございます。
TCF8KM67は、
TCF8CM66にやわらか洗浄が追加された
コーナンオリジナルモデルです。
TCF8KM67とTCF8CM67を比較すると、
TCF8KM67にのみある機能
・やわらか洗浄
TCF8CM67にのみある機能
・手動ノズルきれい
・つぎ目のない便座
となります。

分かりやすく教えて頂き、ありがとうございました。
コーナンモデルにもCM67の機能が追加されると有りがたいのですが。
お掃除のしやすさをとるか、金額面をとるか···
もう少し考えたいと思います。

こんにちは、いろいろ参考にさせていただいています。
我が家のウオシュレット(2011年製TCF728)が、始動時にカタカタカタと異音がし作動中も以前と違う音がします。
我が家のトイレが狭くて蓋が隅タンクに当たり自立するかどうかでゴムヒモで止めていて便座はどうにか立っています。
交換機種を探しているのですが最近のは、蓋の支点が違うので困っています
今はKS シリーズかKMシリーズを検討していますが蓋が当たった時に蓋を取っての使用は出来るでしょうか。
いいアドバイスがあればよろしくおねがいします。

コメントありがとうございます。
ウォシュレットは
便ふた着脱(公式サイト)ができます。
フタを外して掃除をするための機能です。
普通は掃除が終わればフタを取り付けますが、
フタがなくても使えるとは思います。
ただ、イレギュラーな使い方になるので、
例えば故障がしやすくなったり
ということは、あるかもしれないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないと投稿できませんのでご注意ください。(スパム対策)